フィラリアが寄生すると|ペットをフィラリアの危険から守ろう!予防薬で侵入をガード

ペットをフィラリアの危険から守ろう!予防薬で侵入をガード

フィラリアが寄生すると

茶色の薬

フィラリア症になってしまう条件というものはありません。
どんな犬や猫でも、フィラリアに寄生されてしまえばいつでもフィラリア症が出てしまう危険があるのです。

フィラリアは蚊を介してペットたちの体内に侵入してきます。
蚊の体内に寄生しているフィラリアの幼虫が、蚊がペットから血を吸うときに逆流し、蚊から犬や猫へ寄生先を移すのです。
フィラリアの幼虫がペットたちの体内に寄生したからといって、すぐ何か症状が出るわけではありません。
ただ、逆に言えば発見が遅れてしまうということでもあります。
フィラリアの幼虫がペットたちの体内で成虫にまで成長し、なおかつ肺動脈などの重要な血管内に寄生してしまったときが問題となります。

フィラリアの成虫は30cm近くにもなる糸状の体になるため、この状態だと人間の目でも簡単に目視できます。
そんなサイズの寄生虫がペットの血管内に寄生するわけですから、場合によっては血液の流れが悪化してしまうことも考えられます。
フィラリアによって血液の流れが悪くなってしまうと全身に悪影響を及ぼしてしまい、呼吸困難や食欲不振、血尿や過度な咳を引き起こすのです。
また、血流の具合があまりに深刻な場合、そのまま死に至るペットもいるなど、フィラリア症はかなり危険な病気なのです。

食欲不振であまりエサを食べていないにも関わらずお腹が膨れているといった場合など、フィラリアの寄生を感じさせる状態はいくつかあります。
いち早くその異変に気づけるよう、常にペットの様子は見ておきましょう。

↑ トップへ