予防薬の効果を知ろう|ペットをフィラリアの危険から守ろう!予防薬で侵入をガード

ペットをフィラリアの危険から守ろう!予防薬で侵入をガード

予防薬の効果を知ろう

シートから薬を取り出した女性

フィラリア予防薬はペットたちをフィラリアから守るのに欠かせない医薬品です。
現在開発されているフィラリア予防薬の種類は多いですが、基本的な効果はどれも同じですので、しっかり理解しておきましょう。

「フィラリア予防薬にはフィラリア駆除の効果がある」と言われますが、そのほとんどが幼虫やタマゴに対してのみしか効果を発揮しません。
タマゴや幼虫の成長を抑制することで、結果的にタマゴや幼虫を死滅させるのです。
そのため、フィラリアの成虫がすでにペットの体内に寄生している場合、フィラリア予防薬を処方しても駆除効果は発揮されません。
それどころか、成虫がペットの体内にいる状態でフィラリア予防薬を投与してしまうとアレルギー反応を起こしてしまい、そのショックでペットが死んでしまう危険もあるのです。
ですので、個人輸入代行サイトを使ってフィラリア予防薬を購入するにしても、初回に関しては動物病院へ行き、獣医さんにフィラリアが寄生しているかどうかの検査をしてもらうようにしてください。

成虫が寄生している状態での投与は危険ですが、タマゴ・幼虫に対しての効果は絶大です。
フィラリアだけでなく回虫など他の内部寄生虫にも効果的ですので、ペットの体内をすっきりキレイにしてあげることができるでしょう。
そして、こうした内部寄生虫への効果は1ヶ月間持続してくれるため、1度の投与で予防薬としても活躍してくれるのです。

フィラリア予防薬の基本的な効果はこのような感じですが、種類によってはノミ・ダニなどの外部寄生虫まで駆除してくれるものもあります。
医薬品のタイプとしても内服薬(錠剤)と外用薬(スポットオンタイプ)があります。
犬猫両用のフィラリア予防薬もあれば、犬用のものしか開発されていないものもあります。
このように、種類によって細かい違いがあります。
医薬品の場合、ちょっとした違いでもペットに大きな悪影響を与える危険性があるため、個人輸入代行サイトを使って注文する場合は慎重におこないましょう。

↑ トップへ